Remote アプリで Mac 上の iTunes を操作可能 - 靴ひも

靴ひも

Life, Music, Book, Gadget

スポンサーサイト このエントリーのはてなブックマーク数

Category : スポンサー広告 | on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Remote アプリで Mac 上の iTunes を操作可能 このエントリーのはてなブックマーク数

Category : Apple | Tag : iPhone Tips iPhoneApp AppleTV | on

Remote 2.3(無料)
カテゴリ: エンターテインメント, ミュージック
販売元: Apple - iTunes K.K.(サイズ: 22 MB)


今更ではあるものの、iPhoneのRemoteアプリはAppleTVだけでなく、MacのiTunesを操作可能なことに気付いた。

Macをジュークボックス代わりに音楽を流しつつ作業をするのはいいものの、音量調整や楽曲選択がMacの前にいないとできないという欠点があった。で、試しにRemoteを弄ってみたところ、簡単に接続できた。

手順


IMG_2079.png IMG_2067.png


Remoteを立ち上げると、真っ先にAppleTVの操作画面になるが、左上の四角が重なったボタンを押すと接続先をAppleTVにするかMacにするかの選択画面になる。ここでMacを選択。


IMG_2068.png IMG_2069.png


あとはiTunesのコンテンツが表示されるので、選択した楽曲がMacから流れる。音量調整、AirPlay出力先も手元で変更可能。


IMG_2070.png IMG_2073.png


楽曲はもちろん、iTunes上に存在するものならムービーやテレビ番組も選択可能。
コンテンツを変更するのに、いちいち立ち上がる必要もないし、リビングの大画面で観たいときは出力先をAppleTVに変えるだけ。再生位置を記憶する設定にしておけば、すぐに続きから観ることができる。トイレに行くときはiPhoneに出力することも可能。

観たいものを観たいときに観たいように


Remoteを使用することで一番気に入ったのは、リモコン(iPhone)をMacに向ける必要がないということだ。同じWi-Fi下にあれば、どこに居ようが、どこに向けようが変更・調整できる。

従来のテレビでは「リモコンをテレビに向けないとチャンネルを変えられない」ことを当たり前のように思っていたが、あれはすでに前近代的な発想なのではないかと感じる。ボタンを押してもプレーヤーは反応しないし、リモコンの角度を変えたり、電池を変えたりと、イライラした経験は誰もがあるのではないかと思う。

観たいものを観たいときに観たいように観る。
未来のテレビのあるべき姿は判らないが、この形に近いものになるのではないかと感じた。
操作性や連携を見ていると、やはりAppleは一歩先を進んでいると感じる。

(余談だが、このAppleTVとiPhoneの関係は任天堂が今年末に発売を予定しているWii Uの本体とコントローラーの関係に似ているのも面白い)


Apple ハイビジョン対応 Apple TV MD199J/AApple ハイビジョン対応 Apple TV MD199J/A
(2012/03/16)
アップル

商品詳細を見る


関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://bouncelife.blog119.fc2.com/tb.php/906-91f23ade
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。