QuickTime 10.1 では動画から音声抽出が可能 - 靴ひも

靴ひも

Life, Music, Book, Gadget

スポンサーサイト このエントリーのはてなブックマーク数

Category : スポンサー広告 | on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

QuickTime 10.1 では動画から音声抽出が可能 このエントリーのはてなブックマーク数

Category : Apple | Tag : Lion MBA iMac AppleTV iPhone Tips | on

今回のOS X LionのアップデートでQuickTimeの動画書き出し機能が強化されています。
機能としてはiPod touch、iPad、iPhone、AppleTV互換の480p、720p形式に書き出しが可能になっていて、音声抽出も追加されています。今までMacでの音声抽出に悩んでいましたが、一気に解決しました。

スクリーンショット 2011-07-30 12.23.35

「ファイル」→「書き出す」から書き出すフォーマットを選択、「書き出す」で完了。
音声のみを抽出するときは、「オーディオのみ」を選択すればOK。

スクリーンショット 2011-07-30 12.35.20

その他、共有機能にVimeo、Facebook、Flickr、Mailが追加されています。
簡単な動画編集機能も強化されていますね。複製機能が加わることで、編集している動画と元の動画を見比べながら作業が出来るようになっていて、なかなか便利です。
今までVLCの影に隠れる地味な存在でしたが、これでQuickTimeが表舞台に!

◇ ◇ ◇

追記(8.14)

iPod Classicへの書き出しができなくなっているというコメントをいただきました。
確かに(プリセットを見る限り)iPodシリーズへの書き出しは、第4世代iPod touchのみサポートされているようです。

関連記事

Comment

b says... ""
LionはiPodへの動画書き出しが出来なくなってます。切り捨てられた?
2011.08.14 10:35 | URL | #- [edit]
やっそ says... ""
bさん

今再確認しましたが、確かにiPod touchはあるものの、iPod Classicに相当するものはありませんね。
当該エントリーを訂正させていただきます。

iPod nanoのアップデート時にiPod Classicがスルーされた点には、
文字通り「切り捨てられた」という感覚はありました。
QuickTime XのプリセットにClassicの項目がないという点もやはり「切り捨てられた」ように感じますね。
2011.08.14 12:10 | URL | #- [edit]
toda says... ""
はじめまして。
かなり亀な書き込みですが・・・・
オーディオのみ書き出しを行ったファイルの情報を見るとビットレートは256kbpsになっているのですが、MP4から無劣化で音声だけを取り出すWannaAudio.app(有料)を使うと122kbpsとかだったりします。
QuickTimeは、何が何でも256kbpsにしちゃうんですね?
実際の音質以上のサイズになるので、大量のファイルになるとストレージが無駄になりますね。
試しにQuickTimeで抽出したm4aとWannaAudio.appで抽出したm4aの波形を比べてみたのですが波形は高音域10khzチョイあたりでスパっと切られている同じ波形に見えましたので、恐らくQuickTimeが無駄にサイズを大きくしているみたいです。
256kbpsならロスレスなみに22khzまでしっかり出るはずです。
テスト的に、iMovieで作ったスライドショーのMP4(オーディオはロスレスを使用)をQuickTimeとWannaAudio.appで音声を抽出してみましたが、QT=256kbps,WA=92kbpsでした。波形はやはり10khz辺りで切られれいるようですので、少なくとも256kbpsの音質ではないですね。
2012.05.15 22:35 | URL | #uf9jN/U6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://bouncelife.blog119.fc2.com/tb.php/854-16fd4d99
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。