自分自身を理解し向上させることの重要性 - 『無趣味のすすめ』 村上龍 著 - 靴ひも

靴ひも

Life, Music, Book, Gadget

スポンサーサイト このエントリーのはてなブックマーク数

Category : スポンサー広告 | on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分自身を理解し向上させることの重要性 - 『無趣味のすすめ』 村上龍 著 このエントリーのはてなブックマーク数

Category : Book | on

20数年生きてきているが、自分という人間を分かっているようで分かっていない。
就職活動では「自己分析」という作業を行う。だが、そもそも自分自身を理解していない人間が「自己分析」なんて始めるものだから、結果として無いもの探しになり途方にくれる。

無趣味のすすめ 拡大決定版 (幻冬舎文庫)無趣味のすすめ 拡大決定版 (幻冬舎文庫)
(2011/04/12)
村上 龍

商品詳細を見る

村上龍の様々な主張には共通項があるように思える。
それは、常に自分という人間を理解することの重要性だ。自分は何を目標として生き、そのためにどんな優先順位を付けて物事に取り組むのか。自分はどの程度の能力で、会社からはどの程度評価されているのか。そして、そこから自分はどうやって自身を向上させるのか。その点について、いくつか引用しておく。

ワークライフバランス

「仕事と生活のバランス」どころか、仕事がなくなり、生活が破壊されるのではないだろうかという不安が日本中に広がりつつある。ワークライフバランスなどと口にする前に、自分にとって、より人間らしい生活、より良い生活とは具体的にどういうものなのか、必死で考えるほうが先決ではないだろうか。 (pp103)

教育の憂うつ

ゆとり教育と学歴重視教育のどちらがいいのかという議論には、わたしはほとんど意味がないと思う。問題はただ一つ、わたしたちは、子どもをどんな人材に育てたいのか、ということだろう。だがそんな議論は起こる気配がない。どんな人材が欲しいのかという問いは、どんな社会にしたいかという問いと同じだし、あなたはどんな生き方をしたいのかという問いとも重なる。 (pp156)

ビジネスと読書

要するに、わたしたちは必要な情報を得るために本を読むのだ。
だからビジネスシーンに限らず、学生でも小説家でも、どんな職業でも、読書するかしないかが問題ではなく、どんな情報を自分は必要としているのかを自分で把握できるかどうかが問題である。自分は今どんな情報を必要としているのか、それを正確に把握するのは簡単ではない。 (pp48)

スケジュール管理

年末には数千冊のスケジュール手帳が店頭に並ぶらしいが、スケジュールを管理する、という概念を一度放棄するといいのではないかと思う。やるべきことに優先順位をつける、という方法を勧めたい。仕事とプライベートにおけるその人の優先順位が、その人の人生なのだ。 (pp61)

仕事における有用な人脈

情報や知識や何らかの人間的魅力など、その人に何らかの有用性がなければ相手にしてもらえない。(中略)この人は有用だろうかと考えるのではなく、まずあなた自身が他人から有用だと思われる人材になるべきだろう。 (pp67)

ときに投資は希望を生むが…

貯蓄が提供するのは「安心」だが、投資はときに「希望」を生むことがある。(中略)だから、今と将来の価値をイメージして資源を投入するという行為は、自分の希望を育む芽に関与することにつながる。(中略)まず、時間という資源をどう使っているか、自分のことに思いを馳せるべきではないだろうか。 (pp88)


◇ ◇ ◇

マスメディアによって全国に情報が垂れ流されている現代において、「最先端波乗り競争」に興じている人は多い。否定はしないが、そういった生き方は疲れるのではないかと思う。
過剰な情報に惑わされず、では自分は一体どんな人間で、どう生きるのか、ということに目をむけることはこれからより一層重要になるだろうと感じる。

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://bouncelife.blog119.fc2.com/tb.php/832-28ebe8ef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。