Apple TV 用に使っている Handbrake の設定 - 靴ひも

靴ひも

Life, Music, Book, Gadget

スポンサーサイト このエントリーのはてなブックマーク数

Category : スポンサー広告 | on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Apple TV 用に使っている Handbrake の設定 このエントリーのはてなブックマーク数

Category : Apple | Tag : AppleTV MBA iMac Tips | on

前提条件 : VIERA 46型テレビ使用。ファイルサイズは4GBに収める。


1、デフォルトで入っている「Apple TV2」というプリセットを選択。

スクリーンショット(2011-04-02 15.28.16)


2、「Quality」欄で「Constant quality」が選択されていることを確認して、「RF」値を「20→15」に変更。

スクリーンショット(2011-04-02 15.33.14)


3、タブの「Picture Settings」から「Filters」を選択。「Decomb」を「Off→Default」に変更。

スクリーンショット(2011-04-02 15.37.49)


これでインターレースが解除されて、自分の環境ではほとんど劣化なくテレビに出力される。「Deinterlace」という項目があるが、これは「Decomb」で解除されるので選択する意味はないっぽい。

他にも、音楽DVDをリッピングする場合は「Audio」欄でビットレートを上げたり、映画の場合は「Subtitles」欄で字幕を選択したり、リッピングの目的によって使い分けている。ファイルサイズはケースバイケースではあるものの、大体1~2GB、大きくても4GBには収まる。

以上。

参考リンク
HandBrakeのエンコ設定改訂版 - abraMacabra
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://bouncelife.blog119.fc2.com/tb.php/825-120ff4da
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。