Apple TV がリアルに生活を変えつつある件 - 靴ひも

靴ひも

Life, Music, Book, Gadget

スポンサーサイト このエントリーのはてなブックマーク数

Category : スポンサー広告 | on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Apple TV がリアルに生活を変えつつある件 このエントリーのはてなブックマーク数

Category : Apple | Tag : MBA iMac AppleTV | on

唐突ながらApple TVを購入した。
新型のApple TVが発売された当初は「Youtubeがテレビで観られるよ!すごい!」みたいな情弱乙な感想しか見なかったので誰得ガジェットだよって思っていたけど、俺得ガジェットだった件。

AppleTV.jpeg
◆ 購入した理由


それまでは、まずMBAをHDMIアダプタ経由でテレビに接続し、ミラーリングすることでMBAの画面をテレビに映し出す。さらにiTunesのホームシェアリングやファイル共有を起動することで母艦のiMacのデータをMBAに移し、ようやくテレビにデータを映し出していた。

Apple TVを購入した理由は、第一に、この一連の作業が非常に面倒だったこと。第二に、MBAをHDMIアダプタでテレビに接続した見た目が非常に不細工で、且つデータを視聴する際、逐一MBAのところまで行かなければならなかったこと。やはり居間で視聴するに当たって、これは違うなと思った。第三に、無線LANルータを新しく買い替え、無線ネットワークが本当の意味で光回線の強さを活かせるようになったこと。有線接続なら安定するだろうが、やはり接続するなら無線だ。

◆ iTunes で動画を管理するということ


Apple TVを購入するまで、iTunesに動画を登録するメリットが全く理解できなかった。

しかしながら、Apple TVとiTunesの連携はまさに革命的。iTunesに動画を登録しておくだけで居間のテレビに動画を映し出すことができる。例えば、今まで映画をISO形式で保存し、視聴するときはその度にDVDに焼いていた。Apple TVでまずこの作業がなくなる。DVDを入れ替えに立ち上がる必要もない。
そんなことならPS3 Media Serverでできる、という意見もある。しかしその度にPS3の巨体をセットしなければならない。それは自分の理想とする視聴環境ではなかった。観たいときにリモコン一つで観られる。それこそ重要だ。


IMG_2062.jpg IMG_2064.jpg
クリックで拡大

自分の環境ではDIGAがDLNAに対応しているので、アクトビラを始め以前から似たようなことはできたが、やはりiMacやパソコン上ファイルとの親和性がよくない。Apple TVとiTunesならファイルにアートワークや説明文を登録しておくだけで、驚くほど簡単にライブラリが整理される。ある機能を備えていることを唱った製品でも、実際は「機能があるだけ」で使い物にならない製品には泣かされてきた。Appleは俯瞰的な視点から「キチンと機能する製品」にまで高めた状態で販売してくれる。

もちろん、iTunesに登録した音楽も簡単にテレビを通して流せる。自分はネットワーク対応のオーディオ機器やAir Mac Expressを持っていないので地味に重宝している。

◆ 映画レンタルはおまけ


映画レンタル機能はApple TVがあってこそ最大限に力を発揮すると改めて感じた。
「Apple TV=映画レンタル」を思い浮かべる人が多いが、個人的にはパソコン上のファイルとの連携の前で映画レンタルはおまけみたいなものだ。Youtubeも似たようなもの。まずYoutubeはApple TV単体では「日本語で検索できない」という、Appleにしては珍しく欠陥がある。まあ、それもこれもiPod touchやiPhoneを買わせる手段なのかも…。

◆ Apple TV のダメなところ


Apple TV単体では日本語入力に対応していない。Youtubeが海外仕様なので、日本の人気動画を手軽に観られない。映像面で720pが限界(レンタルは除く)。音声切り替えがAppleTV上ではできない、など。

また、リモコン一つで視聴できることは間違いないが、常にホームシェアリングを備えたiTunesを起動していることが前提となる。iMacを立ち上げておくだけなので、自分はそれほど苦にはならない。
ストレージの有無を挙げている人もいるが、自分はAppleらしい潔い割り切りだと思う。ストレージがあればiMacを立ち上げる必要はなくなるが、当然価格は上がる。Apple TVの魅力は、「諭吉一枚で買えてお釣りがくる」という安価な価格にもあるということを忘れてはいけない。


3Dテレビを見ても全く未来に近づいたとは感じなかったけど、Apple TVでテレビは確実に未来に一歩近づいたと思う。インターネットに繋がっているということ、パソコンと連携できるということ、自分の好きな映像を好きなときに流せるということ。しかも簡単にリモコンのボタン一つで。テレビの未来はこうでないと。


Apple Apple TV MC572J/AApple Apple TV MC572J/A
(2010/11/11)
アップル

商品詳細を見る
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://bouncelife.blog119.fc2.com/tb.php/814-cb4cdc30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。