ミラの人間離れした美しさ - 『バイオハザードIV アフターライフ』 ポール・アンダーソン 監督 - 靴ひも

靴ひも

Life, Music, Book, Gadget

スポンサーサイト このエントリーのはてなブックマーク数

Category : スポンサー広告 | on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラの人間離れした美しさ - 『バイオハザードIV アフターライフ』 ポール・アンダーソン 監督 このエントリーのはてなブックマーク数

Category : Movie | on

映画『バイオハザードIV アフターライフ』を観ました。

スクリーンショット(2010-09-12 18.18.31)

間違いない、吹替版を観るべきだ。もしも『マトリックス』が 3D 作品だったら、多分こういう映像世界になっただろうな、という作品。映像の飛び出し感に関しては今まで観た作品の中では一番飛び出していたかな、と。ミラ・ジョボヴィッチのあまりの美しさに共演者は裸足で逃げ出すレベルである。

◆ 映画作品として


この映画は撮影段階から 3D 機材を使って撮影されているらしく、描写が自然で、カットによってはかなり 3D している気がしました。元々 3D には批判的な人間ですが、冒頭のアリス無双シーンや処刑マジニとの水が降る中での戦闘シーンは見物。飛び出す技術と同時に『マトリックス』でお馴染みとなったストップモーション技術を併用しているので、面白い絵になっていました。

ストーリー展開や登場人物(ムキムキの俺についてこいリーダータイプ、自分のことしか考えてませんタイプ、臆病者ゴマスリタイプ、存在が空気タイプ)が分かりやすいので、多分次はこの人が死ぬんだろうな、と思うと本当にそうなるので少しだらしない一面もあります。クリスが投獄されてる理由をバッサリ切ってる辺りは、中途半端に説明するよりも逆に清々しいです。

スクリーンショット(2010-09-12 22.08.00)

シリーズ全作観てきていますが、今作でのミラ・ジョボヴィッチたんの美しさたるや、恐さを感じるレベルです。スタイルが良すぎて共演者がゴミのようだ!もうこの世のものとは思えない、むしろコイツ人間じゃないんじゃねーの、なるほどそういう意味で『バイオハザード』っていう(ry

◆ ゲームファンとして


僕は『バイオハザード0』以外全てプレイしているので、原作ファンとして少し。
ちょっとウェントワース・ミラー版クリスは美しすぎるかな、と。原作のクリスって『1』でこそスラッとしたイケメンでしたが、僕にとっては『5』の印象がかなり強いので、もっとゴツゴツして野蛮な感じでも良かった気がしますね。それとなんだったんだ、あの衣装・・・!

ゾンビがワラワラ襲いかかってくるシーンでは、「ああ!そういうときはドラム缶を狙って弾薬を節約してぇ! 」とか「そんな奴ら閃光手榴弾で一撃だよぉ!あああ!」とヤキモキしてました。処刑マジニが走ってる!?なにそれ、恐い!とかね。まさかラストでジルが出てくるとは思いませんでしたが。あれ、原作ファン以外理解出来たのかな。原作と映画を比べるのは野暮ってもんですが。

****

アクション重視の作品なので、是非吹替え版で観ることをオススメします。字幕何それ?ウェスカーの声を演じている立木文彦さんとかもう声を聞いただけで燃えてきますよ。初見は「ゲンドウ!?」と思いましたけど。終わりそうで終わらないシリーズですが、次回はレオン出演か、レオンなのか!むしろレベッカたんを出しても・・・考えただけで胸が熱くなるな・・・。

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://bouncelife.blog119.fc2.com/tb.php/790-c7f6725c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。