60 年前に思いを巡らす - 『永遠の0』 百田尚樹 著 - 靴ひも

靴ひも

Life, Music, Book, Gadget

スポンサーサイト このエントリーのはてなブックマーク数

Category : スポンサー広告 | on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

60 年前に思いを巡らす - 『永遠の0』 百田尚樹 著 このエントリーのはてなブックマーク数

Category : Book | on


永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る

「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。天才だが臆病者。想像と違う人物像に戸惑いつつも、1つの謎が浮かんでくるーー。記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。

「死ぬのはいつでもできる。生きる努力をするべきだ。」

本屋で本を物色していた 8 月の初頭、ふと 「ああ、15 日は終戦記念日か」 と頭によぎりました。そして目に止まったこの 『永遠の0』。僕は戦争や当時の日本、また日本人論みたいな分野を専門に勉強したこともないし、何か得るものがあるかもしれない、と思って読み始めました。

戦争、その中でも特攻にスポットが当たり、戦争末期特攻隊員として散った宮部久蔵を中心に様々な人間模様や、当時の戦争状況が織り込まれている。面白いのは、ミステリー小説としても読めるところではないかと思います。周りの兵士とは違い、「絶対に生きて帰る」 ことを譲らなかった男がなぜ特攻という自殺行為に至ってしまったのか。そのワイダニットが読者を離しません。そこから人間とは、戦争とは、と展開していく展開方法には唸りました。

当然ながら、分かっているようでも当時と現代の価値観は大きく違います。「国なんかより命のほうが大事じゃないか」 という健太郎の発言には現代人の思考そのものが表れているように思います。

しかしなんだろう、妙にアメリカを持ち上げたような記述があるように思うんですよ。それは当時の大本営を批判する材料みたいなものかもしれないんですが、なんだかあまり賛同できない部分もあったことは事実です。手放しに 「戦争は悪い、戦争反対」 とは言えません。愛国心云々は便利な幻影みたいな一面もあるように思います。客観的な状況は知識として蓄えるとして、心情や思想に関してはなんとも言えない部分があります。それは戦争もの全般に言えることかもしれませんが。

ただ前述したとおり、ミステリー的な要素を上手く落とし込んでいるのでかなり読みやすいかと思います。僕自身宮部久蔵という人間が持つ独特の魅力にグイグイ引き寄せられました。60 年も前のこと、たった 60 年前のこと、戦争をどう考えるかは人それぞれな部分がありますが、『永遠の0』 を読んで 60 年前に思いを巡らせてみてはどうでしょうか。字面では泣かない人ですが、やりきれない思い、兵士たちの友情、熱い思い、残された家族の思いには涙しました。オススメ作品です。

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://bouncelife.blog119.fc2.com/tb.php/778-eb5c9500
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。