見所は多すぎてもダメ? - 『宇宙ショーへようこそ』 舛成孝二 監督 - 靴ひも

靴ひも

Life, Music, Book, Gadget

スポンサーサイト このエントリーのはてなブックマーク数

Category : スポンサー広告 | on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見所は多すぎてもダメ? - 『宇宙ショーへようこそ』 舛成孝二 監督 このエントリーのはてなブックマーク数

Category : Movie | on

映画 『宇宙ショーへようこそ』 を観てきました。

welcometothespaceshow.png

「宇宙ショー」 の名前通り、宇宙へ行くお話です。ひょんなことから宇宙 (月) に修学旅行に行くことになった夏紀たち 5 人が、様々な困難を乗り越え一回り成長して帰ってくる、と言えば簡単すぎますが、大まかにはこんな感じのお話。当初は 『サマーウォーズ』 みたいなボーイミーツガール映画化かな?と思ってましたが、登場人物たちの成長にスポットを当てた作品でした。以下、ネタバレ部分は反転してありますので、まだ観ていない人もご安心下さい。

予告編を観た段階で予想はしてましたが、まずはやはり映像美。宇宙空間を所狭しと躍動感を持って動きまわるキャラクターたちを始め、特徴のある面白い宇宙人たち、彼らが住む宇宙都市。言ってしまえば、舛成監督はジェームズ・キャメロンが 『アバター』 でそうしたように、丸ごと惑星を創ってしまった感はある。でも、どこか地球を思わせる描写がクスっと笑わせてくれる。2 時間半を超える上映時間も気になりませんでした。

c20100602_uchushow_07_cs1w1_640x360.jpg

◆ 詰め込みすぎ?


しかしながら、情報が多すぎるような気もしました。ストーリーにしても、観客を置いてけぼりにするシーンが多々あって、そこをどう捉えるかで感想は変わるだろうな、と。言ってしまえばこれは “空気嫁” 的なフィクション読解力が必要とされて、「~と~で、つまり~ってことなのかな」 と捉える人と 「全部キッチリ説明しろよ!」 みたいな人とは感じ方が大きく変わりますよね。別に監督にとっては説明する義務もないので、どうしようもないことですが。

あれもこれもしてると、どこか安っぽくなるというか、例えば音速を超える “超速” 列車が登場するシーンも、ビュン!はい、終わり!みたいな描写で 「超速だけに速すぎて描けませんでした!ってかってやかましいわ」 って感じたり。悪役に関する情報も後半にかなりまとめてありましたね。もちろんキッチリ説明しないといけない映画ってあって、例えば 「理由」 の追求が物語の主軸になっている種類のフィクションなんかは説明を挿れないといけない。その点でこの作品は 「子どもたちの成長」 に主軸を置く作品じゃないかと思いますし、これはこれでいいのかなと。

しかし鑑賞後もっとスッキリしたかった僕にとっては (スゲー勝手な意見!) もう少し情報をスパッと切り捨ててくれても良かったかな。これから観る人は公式 HP の人物相関図くらいは事前に眺めておいたほうがいいかもしれません。あと 「詰める」 っていうと、ラストの夏紀 VS ボスのガラクタロボ(勝手に命名) と取っ組み合いの力比べになるシーンで、夏紀が周 (あまね) に対する思いをご丁寧に説明してくれるシーンは、ゲド戦記を彷彿とさせる頂けないシーンだったように感じます。全てキャラに語らせなくても、もう少し何かで観客に伝える術はあったかな、と。

◆ 声優の素晴らしい演技


冒頭、ほんの些細なカットから各キャラクターの性格が滲み出てくるところは上手いなーと思いました。各キャラをそれほど描けていない、という意見もあるみたいですが、僕はかなり上手く描いてるんじゃないかと思いますね。キャラといえば、声優!もう凄かったですね。声優に本物の子どもを起用しているらしく、特に周の声優さんなんてリアルすぎてビビリました。まあ、フリーザさんとかヒロシもね。

****

中盤少しネガティブな意見を書きましたが、やはりこの作品は他の方も書いているように 「暴走」 という言葉がピッタリかもしれませんね。またメッセージ性が強いわけでもなく、でも印象に残る映画で、この夏オススメの作品です。去年 『サマーウォーズ』 を観たあなた!今年は 『宇宙ショーへようこそ』 です!インクちゃんかわいいよインクちゃん



■ 関連リンク
宇宙ショーへようこそ - 公式 HP

■ 参考エントリー
私たちの、大きくて小さな修学旅行に旅立とう!「宇宙ショーへようこそ」 - たまごまごごはん

関連記事

Comment

でご says... ""
おー。気になってたんだよなこの映画。
いいね。
2010.07.10 10:23 | URL | #- [edit]
やっそ says... ""
同じ監督の「かみちゅ!」って作品もこの映画と同じ雰囲気で良いらしいね。
比べるのも野暮な話だけど、やっぱり俺は「よろしくお願いしまあああああす!」のほうが好きかなw
スカッとする!w
2010.07.11 04:06 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://bouncelife.blog119.fc2.com/tb.php/762-b255db64
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。