NHK 「ハーバード白熱教室」 を観た - 靴ひも

靴ひも

Life, Music, Book, Gadget

スポンサーサイト このエントリーのはてなブックマーク数

Category : スポンサー広告 | on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK 「ハーバード白熱教室」 を観た このエントリーのはてなブックマーク数

Category : Diary | on

以前から話題になっていた番組 NHK 「ハーバード白熱教室」 を観ました。これは、アメリカのハーバード大学で履修学生の数が最高記録を更新した授業、政治哲学のマイケル・サンデル教授の授業「Justice(正義)」をあまりの人気ぶりに一般向けに公開したものです。それを NHK が日本語吹替を加えて 4 月から放送しています。


ちなみに上に貼っているように、Youtube 上で無料で公開されています (翻訳なし)。前回の放送は 「この土地は誰のものか」 。哲学者のジョン・ロックを取り上げ、彼の考えから様々な議論が行われました。個人的に面白かったのは、サンデル教授がロックの考え方を一方的に 「正しいもの」 として学生に伝えるのではなく、疑問を呈することです。果たしてロックの思想は正しいのだろうか。それはアメリカ人である私たちに対してどんな影響を及ぼしているのか。あなたはどう思うのか。議論の途中では日本の大学教授の解説が挿入されるので非常に分かりやすいです。

哲学というと、日本では思想のようなものをイメージする人が多いかと思いますが、西洋の哲学はむしろ科学に近く、世の中の仕組みを理解する学問として扱われているように思います。地動説を唱えたガリレオ・ガリレイも科学者であると同時に哲学者でした。世界の仕組みを総合的、論理的に解き明かす学問と言ってもいいですね。次回は第 5 回 「お金で買えるもの 買えないもの」 です。興味のある人は是非。

■ 関連リンク
NHK ハーバード白熱教室

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://bouncelife.blog119.fc2.com/tb.php/752-cafb1d8a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。