【ネタバレ】 『夏季限定トロピカルパフェ事件』 米澤穂信・著 - 靴ひも

靴ひも

Life, Music, Book, Gadget

スポンサーサイト このエントリーのはてなブックマーク数

Category : スポンサー広告 | on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ネタバレ】 『夏季限定トロピカルパフェ事件』 米澤穂信・著 このエントリーのはてなブックマーク数

Category : Book | on

夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)
(2006/04/11)
米澤 穂信

商品詳細を見る

あらすじ (Amazon.co.jp)
小市民たるもの、日々を平穏に過ごす生活態度を獲得せんと希求し、それを妨げる事々に対しては断固として回避の立場を取るべし。賢しらに名探偵を気取るなどもってのほか。諦念と儀礼的無関心を心の中で育んで、そしていつか掴むんだ、あの小市民の星を!そんな高校二年生・小鳩君の、この夏の運命を左右するのは“小佐内スイーツセレクション・夏”!?待望のシリーズ第二弾。

「小市民シリーズ」 第二弾。個人的には前作 『春期限定イチゴタルト事件』 が可もなく不可もなくな作品だっただけに、ちょっと不安でしたが、いやいや、コレはなかなか楽しめた。まさに “スイーツ感覚” で楽しめる。でも、彼の作品でよく言われる “ライトな読み物” とはちょっと違うんですよね。米澤さんの作品は微妙な位置づけかもしれない。

しかしよく書けていた。前作ではキャラクター造形が手探りな部分もあってか、キャラクターに感情移入が出来なかったんだけど、今回は非常に良く書けていた。前作で明らかになった 「小市民とは間逆の過去」 と上手く関連付けながら終わる衝撃のラストには、思わず唸ってしまった。

短編でありながら、長編でも読めるというのは非常に面白い。もちろん物語を盛り上げるロジカルなトリックも見逃せない。伏線を全く伏線と匂わせない技には、毎度完敗してしまう・・・。他人のケーキまで食べてしまったことを隠蔽するだけで、コレだけの息詰まる攻防に仕立て上げるのは、米澤さんくらいだろうな (笑)。

彼の作品って “仕方なく” 謎を解くって主人公が多いですよね。「古典部」 のほうたるにしても、「小市民」 の小鳩君にしても、「S&R」 の紺屋 (ハンペーは除く) にしても。無気力さの中に、やる気を秘めている人物が多い。その辺けっこう好きです。

・・・・・・その日から、僕はパフェだけは、食べられなくなった。

しかし、なんといってもこのラストでしょうね。なんでこの人の作品はこうも切ない終わり方が多いんだ (それが好きだったりする)!こんな終わり方では続編 『秋季限定栗きんとん事件』 を読むしかないだろう、常識的にk(ry

▼関連エントリー
【ネタバレ】 『春期限定いちごタルト事件』 米沢穂信・著

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://bouncelife.blog119.fc2.com/tb.php/625-c51a9705
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。