【ネタバレ】 『向日葵の咲かない夏』 道尾秀介・著 - 靴ひも

靴ひも

Life, Music, Book, Gadget

スポンサーサイト このエントリーのはてなブックマーク数

Category : スポンサー広告 | on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ネタバレ】 『向日葵の咲かない夏』 道尾秀介・著 このエントリーのはてなブックマーク数

Category : Book | on

向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)
(2008/07/29)
道尾 秀介

商品詳細を見る

あらすじ (Amazon.co.jp)
夏休みを迎える終業式の日。先生に頼まれ、欠席した級友の家を訪れた。きい、きい。妙な音が聞こえる。S君は首を吊って死んでいた。だがその衝撃もつかの間、彼の死体は忽然と消えてしまう。一週間後、S君はあるものに姿を変えて現れた。「僕は殺されたんだ」と訴えながら。僕は妹のミカと、彼の無念を晴らすため、事件を追いはじめた。あなたの目の前に広がる、もう一つの夏休み。

ライト

読む前から 「賛否両論分かれる作品」 という風評は聞いていたけど、まさかココまでとは・・・。正直言って、冒頭辺りは 「下手くそな書き方だなぁ」 と投げかけましたが、違います、上手いんです。どう上手いの?と聞かれれば・・・とにかく読んでください!

下手と感じた理由は、この小説全体に仕掛けられた伏線と関係していた。ほとんどの読者は途中まで何がしかの “違和感” を感じながら読むことになるでしょうね。ミステリーとしては非常に面白い。ただ、そのテーマが陰鬱なモノだけに読む人を選ぶ。そういった意味で、テイストは 『告白』 に近い。ミステリ的な後味は最高だけれど、物語の後味は恐ろしく悪い。

具体的なトリックとして、叙述トリックが使われていた。叙述トリックといっても、「作中人物と読者を騙すためのもの」 と 「読者のみを騙すためのもの」 の二種類がある。この場合、後者だろう。それも綿密に、且つ論理的に組まれていてビックリする。コレは少なくとも二回読まないといけない作品かもしれない。

** ココから完全ネタバレ **




向日葵の咲かない夏/道尾秀介 (黄金の羊毛亭)>>>>

内容に関しては上のページに丸投げさせていただきます (笑)。でも上のページを読んでると 「!」 の連続で、関心しっぱなしでした。どうも 「生まれ変わり」 を前提とした世界というのが読者にはシックリこないですよね。ミカを二人登場させていた点には関心しました。見事にやられましたね・・・。ただ 10 歳という年齢設定には無理を感じる。

路地に歩を進めながら、僕はふと、足元に眼を落とす。太陽は僕たちの真後ろに回り、アスファルトには長い影が一つ、伸びていた。

個人的に気になったのは、最後のこの一節。コレって、つまり生き残ったのはミチオ一人ってことを意味してるのかな。ということは、両親は何かに生まれ変わった状態 (家事で焼死) でミチオと話している?
とにかく人生のトラウマ本の部類に入る一冊でした。

▼関連エントリー
【ネタバレ】 『告白』 湊 かなえ・著

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://bouncelife.blog119.fc2.com/tb.php/622-c6983bb4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。