2011年06月 - 靴ひも

靴ひも

Life, Music, Book, Gadget

スポンサーサイト このエントリーのはてなブックマーク数

Category : スポンサー広告 | on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラウド時代を漂流するAppleTV このエントリーのはてなブックマーク数

Category : Apple | Tag : AppleTV | on

iCloudにより本格的なクラウド時代が到来しました。
しかし、そこで一歩出遅れているのがAppleTVのように感じます。AppleTVには依然としてホームシェアリングが使用され、ホームシェアリングを使用するには常に母艦となるMacでiTunesを起動しておかなければなりません。

100歩譲ってAppleTVでも音楽ライブラリに関してはiTunes in the Cloud(Match)で同期が可能になるのかもしれません。しかし先日のWWDCではAppleTVに関する情報が一切明かされなかったので、AppleTVは依然としてクラウド時代を漂流したままとなっている。

Appletv-cloud.jpg
可能性としては「iTunesからAppleが販売している映画を買う」→「iTunes in the Cloudと同じ要領で“再ダウンロード権”が得られる」というのが有力なのかもしれませんが、自前の動画については微妙。というのも、動画は容量もかなりあるので、それを全世界的に行うとコストも恐ろしいことになりそうだからです。iTunes Matchのように、そこはユーザー負担にするのか、まだまだ分かりません。

実はAppleTVにはより大きな欠点があるように感じています。
それは「1つのアカウントとしか同期できない」という点です。例えば、家族のそれぞれがAppleIDを持ち、それぞれにライブラリを持っている状態では、ライブラリが変わるごとに同期し直さないといけない。これは非常に面倒くさい。これについては検討の余地があるように感じています。

ストレージを持たないという割り切りの良さは低価格化に大きく貢献しているように思いますが、クラウド化の時代を前にまだまだAppleTVはどっちつかずの状態にあるように思います。

スポンサーサイト

iCloud は僕の生活を変えるか このエントリーのはてなブックマーク数

Category : Apple | Tag : MBA iMac AppleTV iPhone | on

どうも僕にはiCloudが自分の生活を大きく変えるようには思えない。
先日のWWDCでジョブズ自身も「クラウドを“空の上にある大きなハードディスク”と考えている人々もいるが、私たちはそうは考えていない」と発言していたように、あくまでも「同期」ではなく「保存と転送」であるというiCloudの姿勢は面白いとは思った。ではiCloudで何が変わるんだろうと考えてみたけど、自分の生活はあまり変わらないだろうと思う。

アップル

iTunes in the Cloud → iPod、ホームシェアリングがある

僕はiMacとMacbook AirとiPhoneを使用しています。
母艦となるiMacに音楽ファイルは全て保存していて、MBAには何も入れていません。

家にいる場合、MBAでわざわざiTunes in the Cloudからダウンロードし直す必要はありません。なぜならiTunesのホームシェアリングで十分事足りるからです。というか、実はホームシェアリングでほとんどのことは事足りてしまう。屋外にいる場合、僕にはiPodがあるし、iPhoneがある。ライブラリを全て持ち出すこと自体が馬鹿げていると僕は考えています。

欠点はiMacを常に起動していなければならないことです。
そしてこれは「(ローカル側での)母艦との同期」というジョブズから言わせれば古い方法なのかもしれない。iCloudはMacさえも1つのデバイスにするという、世界観を一変させるようなパラダイムシフトを起こしました。

書類のクラウド化 → Dropboxがある

複数のパソコンを併用している人間にとって、書類のクラウド化は一番重要かもしれない。
ただ、iCloudの「気付いたときには転送されている(It just works)」という説明には既視感が拭えません。

なぜなら既に僕たちはDropboxでその体験をしているからです。
iCloudは書類を自動的に転送し、MacでもiPhoneでもiPadでも編集ができるということがインセンティブなんだろうけど、世間一般で使用されているOfficeが編集できるかは微妙なところ。

これはファイルをDropboxに放りこんでおけば大抵のことは事足りる。
Dropboxも「気付いたときには転送されている(It just works)」し、僕は書類しか入れていないので2GBという容量も全く気にならない。

Photo Stream → イイね!

恐らく僕に関係することはPhoto Streamくらいなのではないかと思う。
Macに入れた写真でもiPhoneで撮った写真でも、最新の写真1,000枚(Macなら全て!)がiCloudを通じて常に同期され、いつでもどこでも見たり見せたりできる。そしてクラウド化は全てバックグラウンドで行われる。素晴らしい!30日間を過ぎても残しておきたい写真はローカル側に保存すればOK。

写真はAppleTVにも自動的に転送される。Appleはまだ明確には回答していないものの、iPhoneで撮影した動画もフォトストリームに自動的に保存されれば恐ろしいサービスになる。iPhoneで撮影した動画はAirPlayでAppleTVに飛ばして視聴することができる。これだけでも快適だけど、もしかすると「AirPlayも必要なくなる」かもしれない。

◇ ◇ ◇

iCloudというパラダイムシフト - 若旦那の独り言wp

ルールを作る者が一番強い。アップルはそれをよーく知ってるということだ。

つまり、今回のiCloudはこういうことだと思う。
言ってしまえば、これはAppleによる囲い込みに他ならない。でも…使いやすいんだろうなと思う(笑)。そして、こんなエントリーを書いているものの、早く使ってみたいという気持ちのほうが大きい。いずれにせよ、使いやすいサービスこそユーザーにとっては王様ですもの。

ベルギービールウィークエンド大阪 2011 このエントリーのはてなブックマーク数

Category : Diary | Tag : iPhone | on

1000000290-1.jpg

1000000280-1.jpg

1000000295-1.jpg

1000000286-1.jpg

1000000296-1.jpg

『さよなら傷だらけの日々よ』&『Don't Wanna Lie』! このエントリーのはてなブックマーク数

Category : CD・DVD・GAME | Tag : Bz | on

B'z のニューシングル「さよなら傷だらけの日々よ」「Don't Wanna Lie」を買った。
「さよなら~」はシングルとして初となる全音下げチューニングを生かしたヘビーなリフが効いて重厚感のある仕上がり、「Don't~」ではB'zのお二人はもちろんながら、サポートメンバーのシェーンとバリーが最高の仕事をしてくれています。

IMG_2225.jpg

「Don't Wanna Lie」の意味について


以前ヒロTさんがおっしゃっていた文脈のほうが強い感じがするな。嘘つきたくないていうのもあるけど、横たわる=まんじりと受け流すということはしたくない(Don't wanna Lie)というささやかながら確固たる意志の表れというか。Tue May 31 13:27:04 via Saezuri


lie(嘘をつく)だとtry(挑む)の対義語にはならないし、全体を考えるとlie=動かないことのほうが強い気がするな。Tue May 31 13:40:18 via Saezuri


Twitterで流れてきた@Chiruko_tさんのpostですが、ああ、なるほどと。
明日を変える瞬間は今なのかもしれない、そんなときに自分に嘘をつかず(Don't Wanna Lie)、現状に留りたくない(Don't Wanna Lie)、ACTIONを起こしていたい(I Wanna Try)という二重の意味なのかなと理解しました。小さなことから人生は変わっていく。自分に嘘をつかず、日々の一瞬一瞬を全力で生きていきたいですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。