Anime - 靴ひも

靴ひも

Life, Music, Book, Gadget

スポンサーサイト このエントリーのはてなブックマーク数

Category : スポンサー広告 | on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連峰は晴れていたのか このエントリーのはてなブックマーク数

Category : Anime | on

灯台下暗し。
物事は身近な事情になれば、かえってその本質が分かりにくくなる。

『連峰は晴れているか』は原作未読エピソードだったので、楽しみだった。
確かに折木奉太郎は入学当初に比べれば成長した。しかし、だからこそ彼がエピソードの終盤、千反田との帰り道に云った言葉は、神の視点で作品を視聴できる視聴者にすれば、重くのしかかったのではないか。

「実際はああいうことがあったのに、小木はヘリが好きだったななんて気楽には言えない。それは無神経ってことだ。そりゃ、さすがに気を付けるさ。無神経というか、あれだ。人の気も知らないでっていう感じだ」

連峰は晴れているか / 折木奉太郎


奉太郎は、無意識に人を傷つける行為をしてしまう可能性があると知り、自らの行動を見直し、戒める。それは、今ままで古典部の活動を通して、様々な人間(事件)を見てきたがゆえに成長できた点なのだろう。

しかし、彼は一番身近な人間を無意識に傷つけてしまっていることに気付いていない。
だからこそ、自分にはこの台詞は悪いジョークにしか思えなかった。
それは近すぎたから気付けなかったのだろうか。それとも、それは折木の傲慢であり、やはり彼は無神経だということだろうか。いや、そもそも人間関係なんて「そんなもの」なのだろうか。

vlcsnap-2012-08-25-22h10m03s100.png

この『連峰は晴れているか』は、「氷菓事件」「女帝事件」「十文字事件」で綿密に描かれてきた人間模様の一つの区切りであり、『手作りチョコレート事件』『遠まわりする雛』へと繋がる重要なエピソードとなったことは間違いない。

そして、アニメ的に見ても素晴らしかった。
たった30分の中で、これほど様々な感情に包まれたエピソードはあまりない。卓越した演出や脚本の仕事には唸った。それは、今まで彼等を見守ってきた視聴者なら、誰もが感じたことではないだろうか。

作者の米澤穂信さんは、折木の完全性を否定する描写を取り入れているのではないかと感じている。それはほぼ全ての作品で共通していることである。多くを語れば野暮になる。

だから、現時点では折木に云ってやろう。
人の気も知らないで。

スポンサーサイト

やっぱり折木供恵は最強だった このエントリーのはてなブックマーク数

Category : Anime | on

能力を持っているということだけで、その能力を発揮できるわけではない。
その能力をキチンと発揮するには、その大きさを理解し、それを発揮できる環境が必要になる。

ホータローには古典部部員よりも相対的に見て優れた推理能力があるのだろうが、それは能力を活かせる環境が得られてこそ発揮できるものなのだ。モノグサが服を着て歩いているような人間だ。特に彼の場合、環境は重要になる。

だからこそ、ホータローが「愚者のエンドロール」で犯したミスには、古典部部員が揃っていなかった点(環境が整っていなかった)が大きく影響していたと感じる。

vlcsnap-2012-07-10-01h09m07s59.png

「氷菓」では影のフィクサーとして常に折木供恵が登場するが、今回も例外ではなかったところが面白い。姉はたとえ地球の裏側にいようが、弟を見抜いていた。そもそも、古典部の物語は供恵の指示でホータローが古典部に入部するところから全てが始まった。

そして今回もやはり供恵の指示でプールに向かい、ホータローは自分を取り戻す。
偶然なのか必然なのか。それは分からない。第11.5話「持つべきものは」は、折木供恵最強伝説がまた更新された物語でもあったのだ。彼女は、エロかった。

自分に能力があるのか、ないのか。
だが、そんなものより、ホータローがもっと大事なものに気付いてくれたことを願うばかり。
持つべきものは友。


氷菓 (3) オリジナルアニメBD付き限定版 (カドカワコミックス・エース)氷菓 (3) オリジナルアニメBD付き限定版 (カドカワコミックス・エース)
(2013/01/12)
タスクオーナ

商品詳細を見る


入須冬実は本当に冷徹で非情な人間だったのか このエントリーのはてなブックマーク数

Category : Anime | on


はい。
納得がいかないので色々書きます。

本郷と入須のチャット


vlcsnap-2012-07-03-20h21m32s38.png


冒頭には本郷と入須がチャット(アニメはメール)をしているシーンが入る。
内容は、本郷が書いた脚本と映画の内容が乖離してしまった。本郷は気の弱い人間なので、クラスメートにノーと言えず、もうどうしようもないというところだろう。仮に、ここで入須が折木供恵の言うように、本郷の脚本を駄作だと感じ、シナリオコンテストを開くことにしたにせよ、彼女にはそれを行うインセンティブがないのだ。

「入須さん、あまり学校行事には興味がないって言ってましたもんね。」

愚者のエンドロール / 千反田える


「私はそれでいいと思う。彼らは彼らのものを作りたいだけなのだから、好きにやればいい。その結果、見た者に嘲笑されることになったとしても、彼等自身もそんなことは気にしないでしょう。自己満足の世界よ。馬鹿馬鹿しいことだけど、それは許されていいことだと思う。」

愚者のエンドロール / 入須冬実



所詮、自己満足の世界。
彼女が本当に冷徹で非情な人間なら、まずこの時点で本郷の相談を無視するだろう。

ここで彼女は、自分の立場を「私は、あのプロジェクトを失敗させるわけにはいかない立場でした」と言う。これは彼女の本心だが、そもそも無視していいはずの問題で、入須には何のメリットもない。しかし、クラスメートのために出来る限りのことをする彼女の姿勢が伺える。

そして、この姿勢は続編『クドリャフカの順番』での彼女の姿勢とも一致する。
千反田から「限りなく積まれた例のあれ」の販売に強力して欲しいと頼まれた入須は、頼みをあっさり快諾する。勿論、古典部に恩義を感じているのかもしれないが、自分には本郷との一件を考えると、これが彼女の本当の姿だと感じる。

「はい。入須さんというより、二年F組さんにお願いなんですが」
私は大きく頷きました。ここが大事です。
「『限りなく積まれた例のあれ』を、売って下さい」
入須さんは、ぱちぱちと二度まばたきをすると、すぐに言いました。
(中略)「わかった。◯◯だ」
(中略)きのうはあっさり断られていたものですから、こう即断で引き受けて下さると、対処に迷ってしまいました。(一部ネタバレ防止)

クドリャフカの順番 / 千反田える・入須冬実


醜くも美しい世界で生きる僕たちの生存戦略 このエントリーのはてなブックマーク数

Category : Anime | on

無駄なものなど きっと何一つとしてないさ
突然 訪れる鈍い悲しみであっても

忘れないで君のことを僕は必要としていて
同じようにそれ以上に想ってる人もいる
あなどらないで僕らにはまだやれることがある
手遅れじゃない まだ間に合うさ
この世界は今日も美しい そうだ美しい

Oh Baby 通り雨が上がったら
鼻歌でも歌って歩こう
この醜くも美しい世界で

It's a Wounderful World / Mr.Children


勧められていた「輪るピングドラム」という作品を見終わった。
半信半疑で見始めたものの、あれよあれよと全話視聴。本当に素晴らしい大傑作だった。
この感銘と深い感動を忘れたくないので、少し書き残しておきます。

vlcsnap-2012-06-30-01h21m49s6.png


私たちがこうして生きている状況は、人智を超えた存在から「運命」という形で一方通行に与えられるものではなく、「私」を含めた、世界中の人間が日々作り、バトンパスされているのだ。「私」は決して一人で生きている存在ではなく、ときには誰かに与え、ときには誰かから与えられて生きている。

あなたから私へ、そして私からあなたへ。「無償の愛」とまでは言わなくとも、「ささやかな優しさ」が回り回って、この醜くも美しい世界を形作っていく。「輪るピングドラム」に登場する世界は、そうした世界の在り方そのものなのだと感じました。

運命・氷の世界


僕は「運命」って言葉が嫌いだ。
生まれ、出会い、別れ。成功と失敗。人生の幸不幸。 それらが予め運命によって決められているのなら、僕たちは何のために生まれてくるんだろう。 裕福な家庭に生まれる人、美しい母親から生まれる人、飢餓や戦争の真っただ中に生まれる人。 それらが全て運命だとすれば、神様ってやつはとんでもなく理不尽で残酷だ。

#01 高倉晶馬


高倉晶馬が言うように、この世界はどこまでも不平等で理不尽な「氷の世界」だ。
キリスト教では「原罪」と呼ばれる概念が存在し、それは人間は「罪」を背負って生まれてくるのだという考え方だ。人間はこの世に生まれることで、有象無象の哀しみや苦悩とともに生きていかなければならない存在となる。高倉家の罪と罰、陽毬に振りかかる不治の病は、この世界の不平等と理不尽の象徴なのだと感じた。

生まれる場所や時代が違うだけで、人の生き方には大きな違いが生まれる。
一昔前は簡単に会社に就職できていたのに、今となっては大不況と就職難。自殺者数は毎年3万人超え。「それらが全て運命だとすれば、神様ってやつはとんでもなく理不尽で残酷だ。」


共同幻想の崩壊


世界はいくつもの箱だよ。
人は体を折り曲げて自分の箱に入るんだ。ずっと一生そのまま、やがて箱の中で忘れちゃうんだ。自分がどんな形をしていたのか、何が好きだったのか、誰を好きだったのか。だからさ、僕は箱から出るんだ。僕は選ばれし者。だからさ、僕はこれからこの世界を壊すんだ。

#23 渡瀬眞悧


彼のこうした思想は、非常に現代的なのではないかと感じた。
バブルの崩壊から続いた長い経済不況と時代の閉塞感。それまで価値があると信じられていた価値観に対する疑問視。眞悧は、そうした現代日本が壊れないように大事に守ってきた共同幻想という価値観を破壊し、新たな新世界を作ろうとしていた。「そんなものに本当に価値があると信じているのか?」「そんな『箱』に閉じ込められたままでは僕たちは一生自由にはなれない」と。

vlcsnap-2012-07-01-16h37m33s78.png


時籠ゆりは著名な彫刻家を父親に持つ家庭に生まれ、夏芽真砂子やマリオはお金持ちの家庭に生まれる。一般的に見るなら、彼等は幸せなはずなのだ。
しかし、現実はそうではなかった。共同幻想の崩壊。いい大学を出て、いい会社に勤め、いい人生を歩む。今までお題目のように唱えられ、私たちの目の上のたんこぶとなっていたこうした価値観には本当に価値があるのだろうか。

だからこそ眞悧は「ほんとうの幸せ」を探そうと言いたかっただけなのではないかと感じる(勿論、だからといって彼等が行った行為を肯定する意はない)。宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』はそんな「ほんとうの幸せ」を探すお話でもある。


「カムパネルラ、また僕たち二人きりになったねえ、どこまでもどこまでも一緒に行こう。僕はもうあの蠍のように本当にみんなの幸のためならば僕のからだなんか百ぺん灼いてもかまわない。」
「うん。僕だってそうだ。」カムパネルラの眼にはきれいな涙がうかんでいました。
「けれどもほんとうの幸は一体何だろう。」ジョバンニが云いました。
「僕わからない。」カムパネルラがぼんやり云いました。
「僕たちしっかりやろうねえ。」ジョバンニが胸いっぱい新らしい力が湧くようにふうと息をしながら云いました。

銀河鉄道の夜 / 宮沢賢治

こうした現代人が抱えた胸のつかえに対して、解答を示したのが「輪るピングドラム」ではないかと感じる。それも、「運命は残酷で抗えないものだ、だから神様に祈ろう」というようなスピリチュアルな方向には逃げず。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。