Movie - 靴ひも

靴ひも

Life, Music, Book, Gadget

スポンサーサイト このエントリーのはてなブックマーク数

Category : スポンサー広告 | on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バットマンの死とブルースの生還 -『ダークナイト・ライジング』クリストファー・ノーラン 監督 このエントリーのはてなブックマーク数

Category : Movie | on

あるアメリカ人脚本家は、物語の構造には2通りしかないと話す。
それは、「穴に落ちた人間が穴の中で死ぬ」物語と、「穴に落ちた人間が穴から出る」物語だ。世界中には様々な物語があれど、必ずこの基本構造から成り立つとする仮説だという。

vlcsnap-2012-08-27-20h17m12s5.png

「ビギンズ」で文字通り“穴に落ちた”ブルース・ウェインは、街を守護する正義の番人バットマンとなることで“穴から出た”。しかし彼は「ダークナイト」で、ジョーカーという規格外の悪と対峙し、また“穴に落とされる”ことになる。よって、“再び穴に落ちた”バットマンが、“穴から出る物語”が、この「ダークナイト・ライジング」なのだろう。

「Why do we fall?」(人はなぜ落ちる?)
「We can learn to pick ourselves up.」(這い上がるためだ)

バットマン・ビギンズ / トーマス・ウェイン


しかし、穴から這い上がるには、その前提として「自分が穴に落ちている」という自覚がなければならない。では、バットマン、特に「ライジング」における「穴」とは何に当たるのか。

vlcsnap-2012-08-12-22h19m17s26.png

それは「バットマンであること」そのものだろう。
ブルースは気付かない振りをしながらも、心の奥底では苦悩していた。
自分がバットマンでなければレイチェルは死ななかったかもしれないし、ジョーカーやトゥーフェイスという怪人は生まれなかったかもしれない。そして、ブルース以外で唯一そのことに気付いていたのがアルフレッドだったのだ。彼は変態コスプレ癖のある主人に対して断固マジレスする。

「The city needs Bruce Wayne, your resources, your knowledge. It doesn't need your body or life. 」(ゴッサムが必要としているのは、あなたの知恵と財力だ。あなたの人生ではない)

ダークナイト・ライジング / アルフレッド・ペニーワース


「ダークナイト・ライジング」で、ブルースは「穴」から這い出す(注1)。
逆に云えば、バットマンは「穴」の中で死んだのだ(注2)。この映画が描いたものは「ヒーローの引退劇」であり、「新たなヒーローの誕生劇」。そして「ダークナイト」で描かれた光景と真逆の光景を観客に投げかける。ヒーローは自らの幸せを得たのだ。

「ダークナイト」のこの上もなく痛切なラストも素晴らしいが、「ダークナイト・ライジング」の幸福感と高揚感に溢れるラストはさらに素晴らしい。互いに微笑むブルースとアルフレッドの姿には涙した。


(注1)
劇中出てくる「奈落」では「かつて奈落から出た男がいた」という台詞が用いられるが、あれはベインであると同時にブルースそのものなのだろう。こうした脚本が非常に巧い。
(注2)
「新たなヒーローの誕生」に立ち会ったからこそ、バットマンは死を選んだ。


スポンサーサイト

人を知ることの難しさ - 『おおかみこどもの雨と雪』 細田守 監督 このエントリーのはてなブックマーク数

Category : Movie | on

映画「おおかみこどもの雨と雪」予告3 - YouTube

こういう家族の形もあるのだろう。

数こそ多くはないものの、自分にもそれなりに友達がいる。
小学校からの付き合いの人間もいれば、大学で知り合った人間もいる。しかし、ふと「彼等は今までどんな環境で育ってきたんだろう」と考える。子どもがいれば、その親がいる。当たり前のことである。そして、それだけ異なる家族の形があるのだろう。

同じ団地でも家の中はまるで違うんだ。
お金のある家、赤ん坊のいる家、年寄りだけの家。

おおかみこどもの雨と雪 / 彼(おおかみおとこ)


「おおかみこどもの雨と雪」を見て、そんな当たり前のことに思いを巡らせる。
子どもは親の希望する道を歩むとは限らないし、ときには親の目の届かない場所で成長する場合もある。そうして目の前に現れた選択肢の中から、何かを選び、何かを捨てて、みんな成長してきたのだろう。

かと云って、みんながみんな「本当のこと」で成り立っているわけではない。
ときには草平のように「本当のこと」を笑って話せる人間になりたいと思うし、ときには雪のように胸に秘めた「本当のこと」を心の隅にそっと閉まっておきたいと思う。

自分の身の回りの人間も、色々なことを経験して、今自分の目の前にいるのだろう。
だが、それもまたその人間の断片にすぎない。「一人の人間を知る」ということは、想像以上に難しいことなのかもしれない。しかし、そう想うと何やら感慨深いものを感じるのだ。


全世界共通の「リア充爆発しろ!」 - 『ソーシャル・ネットワーク』 デヴィッド・フィンチャー 監督 このエントリーのはてなブックマーク数

Category : Movie | on

映画『ソーシャル・ネットワーク』を観ました。

スクリーンショット(2011-01-29 20.17.00)

確かに下馬評通り、久しぶりに観るタイプの傑作だった。この映画ってマーク・ザッカーバーグとfacebookを中心にした物語なので、まず「facebookって何?」レベルの人が依然として多い日本でウケるのかなあ…と感じてたんですが、映画そのものの骨となる部分は昔から変わっていない「地位」と「名声」と「カネ」と「人間の欲望」と、そこから生まれた「悲劇」だった。だからこそ、この映画には人間の感性に訴える普遍性があるように感じた。

全世界のロリコンは今すぐ劇場へ走れ - 『キック・アス』 マシュー・ヴォーン 監督 このエントリーのはてなブックマーク数

Category : Movie | on

映画『キック・アス』を観ました。

kick-ass.jpeg


こういう「全部悪ふざけで作りました」みたいな映画が大好きだ。『ダークナイト』ではバットマンというスーパーヒーローが我々の生きる現実世界で展開されるとどうなるか、というある種思考実験的な作り方をしていたけど、『ダークナイト』の場合、あれはノーランが「現実世界」ではなく「バットマンがいても違和感のない世界」を作ったに過ぎないと感じている。結局ゴッサムという世界はどこまで行ってもフィクションでしかなく、現実ではなかった。だって、どう考えてもあんなコスプレ野郎に街の治安維持を任せられないもん!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。