靴ひも

靴ひも

Life, Music, Book, Gadget

スポンサーサイト このエントリーのはてなブックマーク数

Category : スポンサー広告 | on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.5 このエントリーのはてなブックマーク数

Category : Diary | on

og.jpg  


人生は基本的に不公平なもので、これは恐らく間違いないことだ。
僕が何度やっても出来ないことを、当たり前のように平然とやってのける人は沢山いる。
努力をする必要がない。そういう人はたまにいる。
ただ、その不公平な世界から、ある種の公平さを希求することは出来る。それはもしかしたら、無駄に終わることかもしれない。でも、だからこそその時々を全力で生きないといけないのだと思う。



スポンサーサイト

10.8 このエントリーのはてなブックマーク数

Category : Diary | on

ここ半年ほど、ずっと追いかけてきた仕事があり、それもようやく来月には形になりそうになった。入社して以来、ここまで大きな仕事を自分で創り上げた経験がないから、嬉しい半面これからの責任を感じる。


僕は有り体に云えば、「仕事が出来ない」人間で、会社に大きな損失を出したこともあったし、会社からもあまり信頼されていないように感じていた。その出来なさ加減が悔しかった。周りの人間はそこそこ上手くやっているのに、なぜ自分は出来ないんだろうと悩んだ。それでも変われない、という自己嫌悪に陥っていた。今は寧ろ、人間の短所なんて無くしたり、変えられるものではない、考えるべきは自分の長所は何か、それを伸ばすためにはどうすれば良いか、引き出しをいかに増やせるかという点だと思っている。まあ、仕事が出来ないと成果が出ない、成果が出ないと自分が嫌になるという悪循環で、2年くらいは悩んでいた。

4年目で異動になった。僕としては、もうこれは会社からの最後通告だなあと感じていた。ここで結果を出せなかったら、そこまでです、という。でも、そこから色々なことがリセットされたように感じた。重い宇宙服を脱いで、新鮮な空気を吸った気分だった。新しい場所で新しい人に沢山逢った。自分で何かを大きく変えようと意識したことはなかったけど、思い返すと3つ変わったように感じる。

①目の前の仕事に集中する
②目の前の人に集中する
③自分をさらけ出す

それ以降の僕は、会社の評価を殆ど気にしなくなった。まあ、一度死んでいるような人間だから、ここまで成れたのかもしれないけど。
僕の中で大きかったのは、②かもしれない。自分が向かい合っているのは、会社ではなく、目の前の人間なんだと考えるようになった。そうすると、凄く上手くいくようになった。応援してくれる人が増えた。自分に期待し、心から信頼してくれる人が出来た。もがき苦しむ試行錯誤の期間がなければ此処には到達できなかっただろうし、自分にとっては100冊の自己啓発書を読むよりも、傷を負いながら学び取り、得たものは大きいと感じている。

今は凄くワクワクしている。次は何をしようかなあ、とボンヤリ考えている。


9.14 このエントリーのはてなブックマーク数

Category : Other | on

変わらない人と接すると物凄く違和感を感じるようになった。
もっと云ってしまえば、積極的に関わりたいと想わないし、あまり得るものがない。
人が成長する大きな2要素は、人との出逢いと、仕事だと考えている。人は人で育ち、仕事で育つ。ただ、その1要素である人との出逢いは仕事を通じてという形態が圧倒的に多いので、重要度の比率で云えば、2:8くらいだろう。
変わるとは、成長であり、進歩である。小手先の技術や言葉を磨いたとしても、考え方や、姿勢が変わらなくては進歩することはない。
生きることのクオリティは、成績とか、数字とか、順位のような、ある種の固定的なものではなく、もっと流動的なものの中に内包されているのではないかと感じる。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。